葉酸が入っている食べ物ってなに?

葉酸の効果

私が葉酸という言葉を初めて聞いたのは、やはり妊娠時でした。妊娠しているときに葉酸を摂取すると赤ちゃんの異常などを予防することができるといった文言が目にとまり摂取した記憶があります。ただ、その時にはあまり良く調べず、ただ赤ちゃんに良いのならとサプリを飲み始めました。

ですが、葉酸の効用は赤ちゃんの異常を予防するといったことではなかったようです。葉酸とは、ほうれん草の葉から発見された水溶性ビタミンです。葉酸が不足すると悪性貧血や免疫機能の低下など体調不良になる場合もあります。

このように健康維持には必要不可欠な葉酸ですが、基本的にはバランスのとれた食事などから必要量を摂取できます。ただ、妊娠時などには通常の2倍の必要量となり、また葉酸の持つ細胞を作り出す効果は、胎児の成長にも関わるため、妊娠時には欠かせない栄養とされここ最近注目を浴びています。しっかりと認識しておらず、二人目の妊娠時にはほとんど葉酸のサプリを飲まなかったのが残念に思えます。

また、妊娠時だけでなく、授乳中なども栄養が不足しがちなので続けて摂取すると良いでしょう。なお、葉酸には、この他にも動脈硬化の予防といった効果もあるので野菜など不足しがちな食生活の方にも、摂取を心がけるのをお勧めします。葉酸の動脈硬化予防効果について詳しくはこちらで解説されています。特にアルコール摂取の多い方や喫煙される方は、葉酸が不足しがちなのでサプリなどで補うとよいかもしれないですね。

ページのトップへ戻る