葉酸が入っている食べ物ってなに?

葉酸は鬱病に効果があります

葉酸には、鬱病の症状を改善させてくれる効果や鬱病の予防に効果があることが解ってきました。何故、葉酸には鬱病に効果があるのでしょうか?

その答えは、葉酸には、脳の神経に働きかけ、精神的に安定させる効果があります。また葉酸を摂取することによって、気持ちも穏やかになりリラックスする効果もあります。実際に鬱病患者のほとんどが、食事で満足な葉酸が取れていないことが調査でわかってきています。鬱の症状を持っていない方も、葉酸は気持ちをリラックスさせ安定させる効果があるので、普段の食事に葉酸をたくさん取り入れるとよいでしょう。

葉酸は鶏や牛、豚のレバーに豊富に含まれています。鶏のレバーが最も多く50グラムで650マイクログラム含まれています。

アボカドであれば100グラムで84マイクログラム含まれています。葉酸の摂取量については、収入による影響も受けているというデーターもあります。収入が多い人ほど、葉酸の摂取量が多く、収入が少ない人ほど摂取量が少ないのです。確かに葉酸は野菜などにも含まれていますが、ウナギなどの高級食材にも多いのが特徴です。

また収入が低い人ほど、食事で野菜や果物を食べる割合が少なくなり、炭水化物中心の食事をする傾向があります。葉酸は意識的に摂らなければ、不足しがちな栄養素であるため、食事で摂るのが難しい方はサプリメントという形で毎日摂取するとよいでしょう。

ページのトップへ戻る