葉酸が入っている食べ物ってなに?

妊娠と葉酸の関係

妊娠期間中に摂取することを勧められる「葉酸」ですが、身体にどのように作用しどのような効果をもたらすのかご紹介していきます。

葉酸は、ビタミンB群一種でほうれん草などに豊富に含まれている栄養成分です・妊娠は受精卵が子宮内膜に着床することで妊娠が成立しますが、着床後も細胞分裂を何度も繰り返し胎盤や胎児を形成していきます。その際に多くの葉酸が必要となります。この時期に葉酸が不足していると脳などの発育に影響を及ぼし神経管閉鎖障害の発症リスクを高めてしまいます。そのため、妊婦さんが積極的に葉酸を摂取することが求められています。

この時期の葉酸の消費量は通常の2倍といわれ厚生労働省では400~1000マイクログラムの摂取量を示しています。そのため、特に妊娠初期の妊婦さんには葉酸サプリメントを摂取するように推奨されています。

しかし葉酸は水や熱に弱く栄養成分が減少してしまいます。水に溶けやすく加熱調理に不向きです。理想は生でほうれん草などを摂取していくことが望ましいといわれています。しかし、生で食しても100%吸収されません。およそ30~50%吸収できると考えてください。食事から葉酸を摂取しようとすると、茹でほうれん草1Kg、納豆20パックと現実的ではありません。

そのため、妊娠初期は葉酸サプリメントなどで効率よく摂取することがおすすめです。妊娠初期はもちろん重要な栄養成分ですが、妊娠中期、後期にかけても貧血などに効果があるので妊娠期間中は飲み続けることをおすすめしている医療機関が多いのです。

ページのトップへ戻る